海外で買った医薬品の日本国内への持ち込み

海外で購入した医薬品を日本に持ち込むことができるのでしょうか。
バイアグラなどを海外で購入して日本に持ち帰ろうとする方がいます。日本国内では少量タイプしか販売されていませんが、海外では大容量のバイアグラも販売されているのです。
いちいち診察してもらうのも恥ずかしいので海外旅行に行った時に購入するほうがいいと思う方も多いでしょうが、法律的には問題はないのでしょうか。
これは個人輸入の代行と同じように考えればいいのです。
よくバイアグラの輸入代行の通販サイトがありますが、一度に注文できる量が一か月分までと決められており、必ず注文をした本人が購入する場合のみ認められています。
ですので海外で購入した場合でも自分が使う一か月分だけ購入するのでしたら問題はありません。
ちなみに帰国する時に全ての荷物をチェックされるのかと言えばそうではありません。怪しそうな人だけ目星をつけてチェックする形になりますが、うまくいけば大量に持ち帰ることもできます。
ただしもしも見つかれば転売目的だと思われてしまうので持ち帰りできなくなりますし気を付けてください。
一番問題なのは偽物を購入することです。偽物の場合は例えそれが少量であっても全て没収されてしまいます。それでも自分は偽物であることを知らず、さらに自分が使うためだけに購入したと言えばまだ没収だけ済まされるのでいいのですが、多量に仕入れた場合には罰則を受けることになります。
ですので必ず買うなら正規のところから買うようにしてください。
そして量は必ず一か月分だけ買うようにしてください。これを守れば送料の節約ができますしお得にバイアグラを手に入れられます。ルールは事前に確認しておきましょう。